ヌマムツ or カワムツ





ヌマムツ 臀鰭分岐軟条数9
カワムツ 臀鰭分岐軟条数10

ヌマムツ Candidia sieboldii (Temminck and Schlegel, 1846) と、 カワムツ Candidia temminckii (Temminck and Schlegel, 1846) は、1846年に新種記載されました。 それから数十年来は両種をカワムツとして、一緒くたに扱われて来ましたが、 1969年に「日本のコイ科魚類」で、A(琵琶湖産)とB(宮崎県産)の写真を示し、両者の顕著な差異を指摘されました。 1989年にカワムツのA型(湖沼型)とB型(河川型)が発表され、2003年にA型をnumamutsu、B型をkawamutsuとして新和名が提唱されました。 2008年には従来のオイカワ属Zaccoから新属(和属名なし)Nipponocyprisへ変更されました。 2013年にNipponocyprisはカワムツ属Candidiaとされました。 その両種を臀鰭分岐軟条数と側線上方横列鱗数から同定します。

臀鰭分岐軟条数
臀鰭分岐軟条数9本ヌマムツ、10本カワムツ。通常はここだけ見れば幼魚も同定できます。

臀鰭不分岐軟条数は枝分かれしていない軟条を根元で数えます。 ヌマムツとカワムツの両種とも3本です。 臀鰭分岐軟条数は枝分かれした軟条を根元で数えます。 最後の軟条が接している場合は2本ではなく1本と数えます。 臀鰭を指でつまんで開くと、簡単に数えられます。 他の特徴と違って重ならず、両者を判別する場合は決定的な特徴です。

側線上方横列鱗数
側線上方横列鱗数13枚以上ヌマムツ、12枚以下カワムツ。写真の角度によっては鱗が見え辛くて難しい。

両種は臀鰭分岐軟条数を数えると判別できますが、 横から撮影した写真の場合は、往々に臀鰭がたたんで数えられません。 その場合は側線上方横列鱗数を使います。 背鰭起部(背鰭の前)から後下方へ、側線鱗(側線のある鱗)の手前までの鱗を数えます。 他の鱗数による特徴として、側線鱗数カワムツ45〜55枚、ヌマムツ53〜65枚があります。 但し、53〜55枚は判別できず、文献によって数え方が二通りあり、 鱗を50枚も数えることは骨が折れるため、鱗数からの同定は側線上方横列鱗数の方が良いでしょう。

傾向的な特徴から簡易同定
「背鰭前縁 vs. 胸鰭前縁か腹鰭前縁」の赤色の濃さは、採集地で即座に簡易同定するのに役立ちます。

決定的な特徴として、臀鰭分岐軟条数と側線上方横列鱗数を、確認して同定とするべきですが、1個体ずつ数えるのは面倒です。 傾向的な特徴として、「背鰭前縁 vs. 胸鰭前縁か腹鰭前縁」の赤色の濃さ(面積ではない)が、正判別率が高いです。 特に背鰭前縁の赤色は、非常に濃い場合はカワムツ、非常に薄い場合はヌマムツ、と判断しても良いと思います。 但し、こうした色での識別は、あくまでも簡易同定です。

色だけで同定は出来ない
臀鰭分岐軟条数910
オイカワ
カワムツ
ヌマムツ
側線上方横列鱗数89101112131415
オイカワ
カワムツ
ヌマムツ
側線鱗数4344454647484950515253545556575859606162636465
オイカワ
カワムツ
ヌマムツ
図鑑やインターネットで、胸鰭前縁と腹鰭前縁が赤色のヌマムツ、 黄色のカワムツとする記述をよく目にしますが、無色なヌマムツや薄赤色のカワムツも存在します。色同定は限界があります。 良く似たオイカワは臀鰭分岐軟条数9本、側線上方横列鱗数8〜10枚で、ヌマムツとカワムツとは識別できます。 しかし、希ながらヌマムツ×オイカワ、カワムツ×オイカワも見つかるため、交雑個体の存在も鑑みる必要はあります。

本来は分布しない東日本で、ヌマムツとカワムツが確認されています。 これは外来魚であるため、釣れても無邪気に「カワムツ君ゲット!!」などと、浮かれてはいられません。 自然分布域であっても、在来かどうか疑わしいですし、 既に在来集団と移入集団が交配し、遺伝子汚染が進んでいるかもしれません。 そう考えると先に述べた、南紀のような貴重な集団を、知らないうちに失っている恐れもあります。 こうした悪因の全ては言わずもがな放流です。


参考・引用文献 ※不備がある場合は改めますのでお手数ですがご連絡ください。
□ 日本産魚類検索 全種の同定 第二版 中坊徹次編 東海大学出版会 2000.12.20
□ 日本産魚類検索 全種の同定 第三版 中坊徹次編 東海大学出版会 2013.2.26
□ 福井市自然史博物館研究報告 第51号:15-24 2004
□ Ichthyological Research (2003) 50:1-8
□ 山渓カラー名鑑 日本の淡水魚 改定版 川那部浩哉・水野信彦・細谷和海編 監修 山と渓谷社 2001.8.25
□ 日本のコイ科魚類 中村守純 資源科学研究所 1969
□ ヤマケイ情報箱 田んぼの生き物図鑑 内山りゅう 山と山渓社 2005.7.30
□ フィールドベスト図鑑6 日本の淡水魚 木村義志 監修 学習研究社 2000.8.4
□ いきものアート4 淡水類 内山りゅう ジュリアン 2007.3.5
□ THE RAFFLES BULLETIN OF ZOOLOGY 2008 Supplement No. 19 : 203-214