キタノメダカ or ミナミメダカ





尾鰭基底の黒色斑紋で簡易同定

従来の「メダカ」には4種が存在し、日本にはキタノメダカとミナミメダカの2種が分布します。 その分布は一部で重なります。また、安易な放流によって、2種および地方集団間で、攪乱が起こって問題になっています。 そのため「この場所のメダカはミナミメダカだ」という分布同定が使えません。 両種は形態的に酷似しますが、ここでは尾鰭基底の黒色斑紋で簡易同定を試みます。

日本産メダカ属2種
分類
メダカ科 Adrianichthyidae
 メダカ属 Oryzias
     キタノメダカ Oryzias sakaizumii Asai, Senou and Hosoya, 2012("2011")
     ミナミメダカ Oryzias latipes (Temminck and Schlegel, 1846)
     ※以下は日本国外
     チュウゴクメダカ Oryzias sinensis Chen, Uwa and Chu, 1989
     カンコクメダカ Oryzias sp.
科名 属名 種小名 命名者名 命名年
分布
キタノメダカ 自然   ミナミメダカ 自然 移入
遺伝
4種の総称標準和名核DNAミトコンドリアDNA
メダカ種群 キタノメダカ 北日本集団A1〜2A群
ハイブリッド集団A3,B10A×B群
ミナミメダカ 南日本集団東日本型CC群
B1〜6B群
山陰型B9,B10
東瀬戸内型B7
西瀬戸内型B7,B9
大隅型B8
北部九州型B9
有明型B11
薩摩型
琉球型
チュウゴクメダカ中国-西韓集団他とは異群
カンコクメダカ東韓集団他とは異群
形態
違い体側後半雄背鰭の欠刻
(軟条5〜6本間の鰭膜)
黒色網目模様黒色染み状斑紋銀色鱗数
キタノメダカあるある0〜9枚浅い(軟条の半分以下)
ミナミメダカないない10〜23枚深い(軟条の半分以上)
キタノメダカは2012年(論文には2011年とありますが出版は2012年)に記載されました。 そして2013年にメダカという和名が破棄され、ミナミメダカとキタノメダカの標準和名が提唱されました。 両種は日本固有種と考えられます。なお、ハイブリッド集団は形態的な特徴からキタノメダカ、関東地方の一部に残存するC群はミナミメダカとされました。 分布は一見単純な様で複雑です。信濃川水系は上流域(千曲川水系)にミナミメダカ、下流域にキタノメダカ、。阿武隈川水系は上流域にキタノメダカ、下流域にミナミメダカ。由良川水系は中流域で両種が同所的に分布します。 南西諸島のミナミメダカの分布は、移入の疑いも指摘されています。

形態的には上表の違いが、キタノメダカの記載論文にありますが、 例外が非常に多く、黒色網目模様や黒色染み状斑紋のないキタノメダカ、 雄背鰭の欠刻が浅いミナミメダカは、希ではない頻度で出現します。 記載論文に銀色鱗数はキタノメダカ(10〜23枚)、ミナミメダカ(0〜9枚)とありますが、 これは誤記で数値は逆だと思われるため、上表は正しく記しました。 どちらにしても両種で0枚が出現するため、計数形質として使い難いです。

尾鰭基底の黒色斑紋
尾鰭基底の黒色斑紋に注目して見比べて下さい。ハイブリッド集団とC群も、写真を確認したところ、使えると思います。

先に記したように、既知の形態的な違いは、非常に曖昧で使い難い状態にあります。 それ以外の特徴として、尾鰭基底の黒色斑紋の違いを、簡易同定として提案します。 ミナミメダカは尾鰭基底にゼリービーンズ状の黒色斑紋が2つあり、 キタノメダカは前方の曲線がなくて弓状に見えます。 この特徴は雌雄で共通です。但し、傾向的な特徴なため、希に例外は出現しますが、 体側後半の模様や雄背鰭の欠刻よりは、頻度が低いのではないかと思われます。


参考・引用文献 ※不備がある場合は改めますのでお手数ですがご連絡ください。
□ 日本産魚類検索 全種の同定 第三版 中坊徹次編 東海大学出版会 2013.2.26
□ ヤマケイ情報箱 今、絶滅の恐れがある水辺の生き物たち 内山りゅう/編・写真 山と溪谷社 2007.6.5
□ 日本の淡水魚類 その分布、変異、種分化をめぐって 水野信彦・後藤晃編 東海大学出版会 1987.10.10
□ 遺伝 56(6) 裳華房 2002.11
□ しぜんのひみつ写真館 3 ぜんぶわかる! メダカ 内山りゅう ポプラ社 2015.3
□ Toshinobu Asai, Hiroshi Senou and Kazumi Hosoya (2011) Oryzias sakaizumii, a new ricefish from northern Japan (Teleostei: Adrianichthyidae). Ichthyol. Explor. Freshwaters, Vol. 22, No. 4, pp. 289-299.
□ Taijun Myosho, Yusuke Takehana, Tadashi Sato, Satoshi Hamaguchi, Mitsuru Sakaizumi. (2012) The origin of the large metacentric chromosome pair in Chinese medaka (Oryzias sinensis). Ichthyol. Res. 59: 384-388.
□ Takehana, Y., N. Nagai, M. Matsuda, K. Tsuchiya & M. Sakaizumi (2003) Geographic variation and diversity of the cytochrome b gene in Japanese wild populations of medaka, Oryzias latipes. Zoological Science, 20: 1279-1291.