カジカ種群





胸鰭条数や分布など総合的な判断で同定する

カジカ種群とは、カジカ、カジカ属の一種(カジカ中卵型)、ウツセミカジカの3種を指します。 分類には定説がなく、混迷していますが、遺伝的には3種という説が、有力視されています。 3種は形態的に酷似する上に、生活史で形態が変化し、同定は非常に難しいです。 そこで現状では、分布や傾向的な特徴から、総合的に判断するしかありません。

日本産カジカ属6種2個体群(7種類)
カジカ科 Cottidae
 カジカ属 Cottus
     カンキョウカジカ Cottus hangiongensis Mori, 1930
     エゾハナカジカ Cottus amblystomopsis Schmidt, 1904
     ハナカジカ Cottus nozawae Snyder, 1911
     カジカ(カジカ大卵型) Cottus pollux Günther, 1873
     標準和名なし(カジカ中卵型) Cottus sp.
     ウツセミカジカ Cottus reinii Hilgendort, 1879
         ウツセミカジカ(カジカ湖沼型) Cottus reinii LB Hilgendort, 1879
         ウツセミカジカ(カジカ小卵型) Cottus reinii SE Hilgendort, 1879
科名 属名 種小名 個体群名 命名者名 命名年
生活史両側回遊性
(川→海→川)
河川陸封性
(川)
湖沼陸封性
(琵琶湖)
カジカ
カジカ中卵型
ウツセミカジカ
生息水域上流中流下流湖沼
カジカ
カジカ中卵型
ウツセミカジカ
胸鰭条数12131415161718
カジカ
カジカ中卵型
ウツセミカジカ
2007年にカマキリ(アユカケ)は、カジカ属からRheopresbe属へ変更され、それを支持しました。 カジカ中卵型には標準和名がないため、従来通りの型名を使用しました。 カジカ湖沼型とカジカ小卵型は、個体群名として残しましたが、亜種程度も分化していない、同種だと判断しています。 胸鰭条数は重複幅が広いですが、最頻値である黒塗りを参考にすると、ある程度は使える計数形質だと思います(カジカ中卵型は、河川陸封性14本、両側回遊性15本)。

カジカ種群の分布
カジカ カジカ中卵型 ウツセミカジカ
青森県〜兵庫県の本州山間部。 北海道南部〜九州北部の日本海側流入河川、兵庫県以西の本州、四国(愛媛県)、九州北部。 青森県〜和歌山県の太平洋側流入河川、四国(徳島県)、琵琶湖。移入:秋田県、新潟県、石川県、栃木県(中禅寺湖)、神奈川県(芦ノ湖)。
カジカ種群の大まかな分布を示しました。 ウツセミカジカの琵琶湖水域と中禅寺湖(移入)はカジカ湖沼型で、それ以外はカジカ小卵型の分布(移入含む)です。分布は同定に重要な情報になります。 しかし、ウツセミカジカの移入が複数水域で見つかっており、地図に示した地域以外でも、生息している可能性はあります。 各地でカジカ種群の放流が行われており、地域独自の個体群が失われつつあるのは、非常に問題だと思います。

傾向的な特徴を合わせ技で一本
胸鰭軟条の数え方はこちらの画像を参考にして下さい。カジカ湖沼型とカジカ小卵型の違いは、ヤマメとサクラマスの関係に近いです。

分布、生息水域、胸鰭条数から、総合的に同定します。 それ以外の特徴として、尾柄高と頭長の比、頭部と第一背鰭下に暗色帯の有無など、いくつか知られていますが、そうした報告の多くは、 カジカ中卵型をカジカとしたり、カジカ中卵型とウツセミカジカを同種としたり、既報の形態的な情報は、取扱いに注意するべきものが多いです。 尾鰭基底部の横帯は分かり易く、参考になる形質だと思われます。 カジカ(細く薄い)、カジカ中卵型(中間的)、ウツセミカジカ(太く濃い)。 但し、例外も多く、分布、生息水域、胸鰭条数を調べ、それでも判断できない場合に参考として下さい。


参考・引用文献 ※不備がある場合は改めますのでお手数ですがご連絡ください。
□ 日本産魚類検索 全種の同定 第三版 中坊徹次編 東海大学出版会 2013.2.26
□ 広島県におけるカジカ種群(硬骨魚類網スズキ目カジカ科)の形態と分布 吉郷英範 比和科学博物館研究報告 第51号 2010.2
□ 2011年度日本魚類学会講演要旨 日本魚類学会 2011.9.29
□ 糸井史朗 多摩川で回復したカジカ個体群の系統分類に関する研究 財団法人 とうきゅう環境浄化財団 2008
□ Shedko, S.V. and I.L. Miroshnichenko, (2007) Phylogenetic relationships of sculpin Cottus volki Taranetz, 1933 (Scorpaeniformes, Cottidae) according to the results of analysis of control region in mitochondrial DNA. J. Ichthyol. 47(1):21-25.
□ Tsukagoshi H., Sakai K., Yamamoto K. and Goto A. (2013) Non-indigenous amphidromous sculpin Cottus pollux small-egg type (Teleostei: Cottidae) detected in rivers entering the Sea of Japan off Honshu Island, Japan. Ichthyol. Res., 60:93-97.
□ Yokoyama R. and Yamamoto S. (2012) Freshwater sculpin dwelling in Lake Chuzenji, Nikko, Kanto District, Japan, is identified as Utsusemikajika, Cottus reinii, unintentionally introduced from Lake Biwa. Ichthyol Res., 59:389-393.