濃尾平野の淡水魚(7)








ニシシマドジョウ
 Cobitis sp. BIWAE type B
   
  
   
   
   
   
   
   
   
   
    
岐阜県側の流れがある水の澄んだ河川で見かけます。 トウカイコガタスジシマドジョウと同所的に見られる場所は限られています。



トウカイコガタスジシマドジョウ
 Cobitis minamorii tokaiensis Nakajima, 2012
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    
    
    
    
    
    
    

地味に餌を食べる

近付いたらすぐに逃げられた

一掬いで捕れる

汚い水路でも捕れる
生息水域は広く個体数も少なくありません。雌は斑点列でニシシマドジョウによく似ているため誤同定されることが多いです。 他の地域よりも斑紋が多様で、雌の全長8cmを超える地域があり、精査が必要だと思われます。



オオガタスジシマドジョウ  国内移入種
 Cobitis magnostriata Nakajima, 2012
文献によると琵琶湖産アユの放流時に移入されたと思われる個体が長良川で確認されています。



アジメドジョウ
 Niwaella delicata (Niwa, 1937)
  
岐阜県側の水温が低く水の澄んだ河川で見かける程度です。平野部に少なく愛知県側には生息しないようです。



ホトケドジョウ
 Lefua echigonia Jordan and Richardson, 1907
   
   
   

水面に顔を出してまた急降下
平野部ではほとんど見られず、濃尾平野に隣接する丘陵地の小川や池で僅かに捕れる程度です。 分布から考えるとホトケドジョウ(東海集団)と思われます。



ギギ  国内移入種
 Tachysurus nudiceps (Sauvage, 1883)
  
    

触っても寝ている

触ると素早く逃げた
場所によっては多く見られます。 聞込みによるとネコギギも同所に生息するらしく悪影響が懸念されます。



ネコギギ
 Tachysurus ichikawai (Okada and Kubota, 1957)
平野部ではほとんど見られません。1990年頃にネコギギが25万円という価格で裏取引されたという話を聞いたことがあります。 ちなみに最高額はミヤコタナゴの32万円という信じがたいものでした。



ナマズ  国内移入種?
 Silurus asotus (Linnaeus, 1758)
    
     

石の隙間に成魚を見つけた

障害物に隠れていたので触った

2匹が近いところにいた

やすで採集

手掴みに失敗
生息水域は多いです。濃尾平野は国内移入種の可能性があります。



タニガワナマズ(仮称)
 Silurus sp. ※イワトコナマズに近縁で近畿・中部地方の谷川(上中流域)に生息する。
 

逃げ足が速くて追えない

アカザ(クレード1)を銜えていた
平野部ではほとんど見られない魚のため希です。ナマズと同所的に確認しています。



アカザ(クレード1)
 Liobagrus reinii species complex Clade 1 Hilgendorf, 1878
    

オオカナダモの中に潜んでいた
平野部ではほとんど見られない魚のため希です。



ゴンズイ
 Plotosus japonicus Yoshino and Kishimoto, 2008

濃尾平野で初めて目撃
2015年6月7日に初確認しました。



オトシンクルス・ヴェスティトゥス
 Otocinclus vestitus Cope, 1872
     
2016年1月24日に2個体を採集しました。腸から頗る川の苔の臭いがあり、放流直後ではなく、摂餌していたと思われる。 2個体は生育段階に違いがあり、水温13℃程度に生息していたことから、定着している恐れもある。