濃尾平野の淡水魚(2)








スナヤツメ (北方種 or 南方種)
 Lethenteron sp. N or S
   
    

水槽に張り付く
湧水のあるところで希に捕獲できる程度で生息数も生息水域も少ないです。 スナヤツメの生息地としてテレビや新聞などのメディアに取り上げられ激減した場所があります。 濃尾平野にはスナヤツメ北方種とスナヤツメ南方種の両方が分布するとされていますが、 形態形質から同定できないため両者の詳細については不明です。



アカエイ
 Dasyatis akajei (Müller and Henle,1841)
    
汽水域でニホンウナギ釣りの外道として釣れる事があります。 毒針を持つため濃尾平野の淡水魚の中では最も注意しないといけない魚です。 上のアカエイの写真は私とふなむしさんが釣りをしている近くで、釣った方の個体をお願いして撮らせて頂きました。



ニホンウナギ
 Anguilla japonica Temminck and Schlegel, 1847
  
   

慌てて右往左往

砂に潜る

泥の上で静止していました

1分以内に3匹目撃(2015.05.14)

やすで捕獲して網袋へ

流れが速い場所で何とか捕獲
濃尾平野の汽水域はニホンウナギ釣りをされる方が多いです。 漁協やひつまぶし店がウナギ類を河川に放流しているため、 ヨーロッパウナギやオーストラリアウナギなどが生息している可能性もあります。



マアナゴ
 Conger myriaster (Brevoort, 1856)
文献によると汽水域などで幼生が採集されることがあるようです。 聞き込みでは成魚が釣れることもあるようです。



ハモ
 Muraenesox cinereus (Forsskål, 1775)

河口から10km以上のほぼ淡水域
動画の個体以外は確認していません。極希に釣れことがあるようです。



サッパ
 Sardinella zunasi (Bleeker, 1854)
   
   
汽水域で夏から秋にかけて幼魚が淡水に近い塩分のところまで見られます。



コノシロ
 Konosirus punctatus (Temminck and Schlegel, 1846)
  
  
   

コボラと一緒に冷凍赤虫を食べる
汽水域で夏から秋にかけて幼魚が見られます。 成魚は死んで間もないと思われる1個体を確認したのみです。 サッパよりは塩分が高いところで見つかります。



カタクチイワシ
 Engraulis japonicus Temminck and Schlegel,1846
捕獲は出来ませんでしたがカタクチイワシのような魚は目撃しました。 また汽水域で釣ったニホンウナギが吐き出したことがあります。



コイ導入型  国外移入種
 Cyprinus carpio carpio Linnaeus, 1758
  
  
   
生息水域は多く普通種の代表でもあります。 導入型と思われる体型のものがほとんどで、在来型と思われる個体も見られますが、 交雑は形態的に識別不可能なため実態は不明です。 ニシキゴイなどのイロゴイや希にドイツゴイも見られます。 放流を毎年のように繰り返している河川もあります。



ゲンゴロウブナ  国内移入種
 Carassius cuvieri Temminck and Schlegel, 1846
  
  
  
生息水域は広くギンブナに次いでよく見られます。ヘラブナと呼ばれ放流が盛んです。



フナ類
オオキンブナ?
 Carassius buergeri buergeri Temminck and Schlegel, 1846
   
   
   
   
   

冷凍赤虫を奪われる

野菜餌を豪快に食べる

ギンブナ?
 Carassius sp.
  
  
   
    
   
日本産フナ属魚類のキンブナ、オオキンブナ、ニゴロブナ、ナガブナ、ギンブナの5種類は、 形態形質のみで同定することは不可能だと判断しフナ類として扱っています。 濃尾平野では上記のキンブナ(オオキンブナと区別している文献)を除く4種類が確認されているようです。 オオキンブナ?の上から2段目の個体を計測すると、 全長(112.5mm)、体長(86.8mm)、体高(28.6mm)、背鰭分岐軟条(15)、鰓耙数(51)で、 この場所では形態の異なるギンブナと思われる個体も生息しています。 1990年頃に特殊な閉鎖水域にてニゴロブナらしき個体を何度か釣ったことがあります。 ギンブナと思われるものは塩分に強いようで名古屋港でも捕れたこともあり、 汽水域で見られるフナ類のほとんどがギンブナだと思われます。



ギベリオブナ(キンギョ)  国外移入種
 Carassius gibelio (Bloch, 1782)
   

石の間にある餌を探す

コイ類とフナ類の交雑個体
  
常に見られる場所はほとんどありません。たいていは金魚掬いで持て余して放流されているものと思われます。 品種はワキンが多いですがデメキンが見られたこともありました。ヒブナらしき個体も捕れますがたいていはキンギョと思われます。 岐阜県関市にはテツギョ(フナ類とキンギョの交雑個体と考えられています)らしきものが報告されています。 キンギョは中国のギベリオブナを起源とする品種改良魚とされます。 コイ類とフナ類の交雑個体は、口髭があり側線鱗数が32枚のため、 コイ(33〜38枚)より少ないですが、フナ類の種類まで特定することは出来ませんでした。