濃尾平野の淡水魚(12)








チチブ
 Tridentiger obscurus (Temminck and Schlegel, 1845)
   
   
汽水域に多く生息しておりハゼ釣りの外道としてよく釣れます。



ヌマチチブ
 Tridentiger brevispinis Katsuyama, Arai and Nakamura, 1972
   
   

長良川河口堰でボラを狙う
春に大群が川に遡上してくることがあります。汽水域では真冬の優先種となっている場所もあります。



シモフリシマハゼ
 Tridentiger bifasciatus Steindachner, 1881
  
    
    

床固めブロックに点々といた
汽水域で真冬でも多く見られます。



アカオビシマハゼ
 Tridentiger trigonocephalus (Gill, 1859)
文献によると汽水域などで採集されることがあるようですが、 この記録された水域付近にはシモフリシマハゼが見られるため誤同定も考えられます。 梅村さんによると2007年に汽水域で1個体を採集したと教えて頂きました。



ショウキハゼ
 Tridentiger barbatus (Günther, 1861)
   
   
これまでに4地域で確認しました。特に汽水域で5〜6月頃の夜釣りでしばしば釣れます。



ボウズハゼ
 Sicyopterus japonicus (Tanaka, 1909)
  

長良川河口堰でボラと水流にあおられる

上下同時に水流にあおられる

水面と垂直に張り付く

ウツセミカジカが近くを通過
春に長良川河口堰で確認したのみです。成魚は見かけないため平野部は通過するだけだと思われます。



トビハゼ
 Periophthalmus modestus Cantor, 1842
    
     

背中を底に着けてから胸鰭で進む

冷凍赤虫の塊をついばむ

護岸があるため移動範囲が狭い

全て右へ逃げる
河口干潟や汽水域を中心に数箇所で確認しています。



チワラスボB種
 Taenioides sp. B
文献によると汽水域などで採集されることがあるようですが、 梅村さんらが2007年に汽水域で1個体を採集したと教えて頂きました。



クロホシマンジュウダイ
 Scatophagus argus (Linnaeus, 1766)
うなたろうさんが汽水域にて「写真掲示板 2007年10月」に1個体を捕られています。



アイゴ
 Siganus fuscescens (Houttuyn,1782)
文献によると汽水域などで採集されることがあるようです。



チョウセンブナ  国外移入種
 Macropodus ocellatus Cantor, 1842
現在は絶えた可能性が高いです。



カムルチー  国外移入種
 Channa argus (Cantor, 1842)
  
   

やすで触っても動じない

手掴みに失敗
生息水域は多いですが生息数は多くありません。 メダカやカワバタモロコが多く見られた名古屋市の用水路では、 急にカムルチーの幼魚が大量に捕れはじめて小魚は激減しました。 メダカやカワバタモロコは全く見られなくなり、 現在は環境悪化でカムルチーも見られずカダヤシばかりになっています。



イシガレイ
 Kareius bicoloratus (Basilewsky, 1855)
  
  
  

幼魚がひらひらと水面まで泳ぐ

止まると砂底の様に見える

ウツセミカジカが赤虫を狙う

手乗りさせてみた
春から夏にかけて汽水域で採集することがあります。



マコガレイ
 Pleuronectes yokohamae Günther, 1877
文献によると汽水域などで採集されることがあるようです。



ギマ
 Triacanthus biaculeatus (Bloch, 1786)
    
   

上から見た泳ぐ様子

イサザアミ類を食べようとする

ふわっと上昇

回転する
汽水域で写真の1個体のみ確認しました。



アミメハギ
 Rudarius ercodes Jordan and Fowler, 1902
文献によると汽水域などで採集されることがあるようです。



クサフグ
 Takifugu niphobles (Jordan and Snyder,1901)
汽水域で水面近くを泳ぐ姿を確認しています。



タウナギ  国外移入種
 Monopterus albus (Zuiew, 1793)
揖斐川水系にてそれらしき個体を目撃したことがあります。



その他
情報や記録の中で誤同定の可能性があるものなどを下に記しました。 聞き込みではアユモドキなど様々な情報を耳にしますがそれらは記しませんでした。

マルタ  国内移入種
ウグイと誤同定していることが考えられます。

ズナガニゴイ  国内移入種
ニゴイの幼魚と誤同定していることが考えられます。

タナゴ  国内移入種
他のタナゴ類と誤同定していることが考えられます。

スジシマドジョウ中型種  国内移入種
トウカイコガタスジシマドジョウと誤同定していることが考えられます。

イソギンポ
文献によると長良川確認魚種とありますが、国道23号線よりも下流の塩分の高い水域の可能性もあります。

ジュズカケハゼ  国内移入種
ビリンゴや他のハゼ類と誤同定していることが考えられます。

メイタガレイ
文献によると長良川確認魚種とありますが、国道23号線よりも下流の塩分の高い水域の可能性もあります。

アカシタビラメ
文献によると長良川確認魚種とありますが、国道23号線よりも下流の塩分の高い水域の可能性もあります。