濃尾平野の淡水魚(10)








カマキリ(アユカケ)
 Rheopresbe kazika Jordan and Starks, 1904
   
   
   

長良川河口堰を越える寸前にボラと激突

胸鰭をひらひら動かして泳ぐ

冷凍赤虫を無我夢中で食べる

アシシロハゼに乗られる

手掴みに失敗

手掴みに成功
汽水域に2月頃に成魚が見られ5月頃に幼魚が姿を現します。



ウツセミカジカ
 Cottus reinii Hilgendort, 1879
  
  
   
   
   

餌まで移動する

稚魚が泥上にいたので手掴みした
4〜6月に稚魚が汽水域で多く見られますが、成魚は生息水域と個体数とも少ないです。



アナハゼ属
 Pseudoblennius
文献によると汽水域などで採集されることがあるようです。



イカナゴ
 Ammodytes japonicus Duncker and Mohr, 1939
文献によると汽水域などで採集されることがあるようです。



ムスジガジ
 Ernogrammus hexagrammus (Temminck and Schlegel, 1845)
文献によると汽水域などで採集されることがあるようです。



ギンポ
 Pholis nebulosa (Temminck and Schlegel, 1845)
  
汽水域で採集することがありますが希です。



トサカギンポ
 Omobranchus fasciolatoceps (Richardson, 1846)
   
汽水域で採集することがありますが希です。



イダテンギンポ
 Omobranchus punctatus (Valenciennes, 1836)
  
   
汽水域で採集することがありますが希です。



ナベカ
 Omobranchus elegans (Steindachner, 1876)
文献によるとナベカと思われるナベカ属の稚魚が汽水域で採集されることがあるようです。



ネズミゴチ
 Repomucenus richardsonii (Bleeker, 1854)
文献によると汽水域などで採集されることがあるようです。



ドンコ(山陰・琵琶・伊勢集団)
 Odontobutis obscura subsp.
  
  
  
   
   

イチモンジタナゴを食す

手掴みに成功
単発的に多くの小河川などで見られますが生息数は少ないです。



カワアナゴ
 Eleotris oxycephala Temminck and Schlegel, 1845
   

ガラス面に定位しながら冷凍赤虫を食べる

移動しながら冷凍赤虫を食べる

アベハゼを追い払う

野菜類ミックスを口にしたが動けない

手に乗せた
汽水域で写真の1個体のみ確認しました。



ウロハゼ
 Glossogobius olivaceus (Temminck and Schlegel, 1845)
  
  
   
汽水域で採集することがあります。マハゼ釣りに混じることも多いです。 秋にたくさんの人がハゼ釣りを楽しんでいるところで魚籠を覗くと、 マハゼよりもウロハゼばかりということもあります。



ヒメハゼ
 Favonigobius gymnauchen (Bleeker, 1860)
  
汽水域で多数を採集することがあります。



ツマグロスジハゼ
 Acentrogobius sp. 2
  
   
汽水域で採集することがあります。



サツキハゼ
 Parioglossus dotui Tomiyama, 1958
  

危険を察知すると素早い

テッポウエビ属の一種Eに驚く
汽水域で幼魚を1個体のみ確認しましたが、写真の個体は2倍程度に成長したものです。



ヒモハゼ
 Eutaeniichthys gilli Jordan and Snyder, 1901
  
汽水域で採集することがあります。



ミミズハゼ
 Luciogobius guttatus Gill, 1859
  
汽水域で採集することもありますが希です。



ビリンゴ
 Gymnogobius breunigii (Steindachner, 1879)
  
   
汽水域で採集することがあります。



ウキゴリ
 Gymnogobius urotaenia (Hilgendorf, 1879)
  
  
  
   

手掴みに失敗
大河川に多いですが池や用水路でも希に捕れます。 琵琶湖のアユの放流などによって分布を広げつつある印象を持ちます。



スミウキゴリ
 Glossogobius petschiliensis (Rendahl, 1924)
  
     

幼魚が浅場にいました
春に大群が汽水域で見られます。



エドハゼ
 Gymnogobius macrognathos Bleeker, 1860
  
   
   
    

冷凍野菜類ミックスを食べる

イソテッポウエビ属の一種Eの巣に入った

大寒の汽水域で見つけた
数箇所の河口干潟に見られる程度です。



ニクハゼ
 Gymnogobius heptacanthus (Hilgendorf, 1879)
文献によると汽水域などで採集されることがあるようです。


マハゼ
 Acanthogobius flavimanus (Temminck and Schlegel, 1845)
   
   
   
   
生息水域は汽水域を中心に非常に多く下流域でもよく見られます。



アシシロハゼ
 Acanthogobius lactipes (Hilgendorf, 1879)
    

大寒の汽水域で見つけた
汽水域で春から夏ごろに最もよく見られます。