戻る
■ ラインの場所 ■

●結ぶ場所
100点
ペットボトルの首部分に結ぶ。

巻いたラインを出し切った後に、ペットボトルが移動し、 岩の間などに引っ掛かったとき、ラインが抜けて魚に逃げられることはない。 但し、大物はラインを引きちぎることがあり、その場合は時間稼ぎする程度。 ラインを巻く場所に結び目がないため、残りのラインが少なくても、引っ掛からない。 但し、胴部分へ巻くとき、少し巻き難い。
90点
ペットボトルの胴部分に結ぶ。

巻いたラインを出し切った後に、ペットボトルが移動し、 岩の間などに引っ掛かったとき、ラインが抜けて魚に逃げられる可能性が高まる。 ラインを巻く場所に結び目があるため、残りのラインが少なくなると、引っ掛かり易い。
どちらも大差はありません。好きな方で良いですが、 より良いという意味では、首部分に結ぶことをおすすめします。

●巻く場所
100点
中央よりやや上に、まとめて巻いたもの。

下部が空いているため持ち易く、投げる時に手でラインを触ることがなく、 キャップに引っ掛かり難く、遠投が容易になる。 倒れたときに転がり難い。巻き取り易い。
30点
中央よりやや上に、広く巻いたもの。

下部は空いているが、やや狭いため、投げる時に手でラインを触ることがあり、 キャップに引っ掛かり易く、遠投が難しくなる。 倒れたときにやや転がり易い。やや巻き取り難い。
10点
全体に広く巻いたもの。

下部が狭いため、確りと握れず、投げる時に手でラインを触り易く、 キャップに引っ掛かり易く、遠投はほぼ出来ない。 倒れたときに転がり易い。巻き取り難い。
巻く場所が違うだけで、飛距離は大きく異なります。 投げ難い、飛ばない、使い難いなどは、 ペットボトルへの巻く場所が原因の場合もあるため、 適当に巻かず「中央よりやや上に、まとめて巻く」ことが重要です。

戻る