採集漁具




●たも網
 
葉っぱやゴミが溜まった場所を掬ったりして捕ります。 流れのある河川ではたも網を垂直に立て、流れる方向から砂礫を足でかき込むようにすると底性魚が採集できます。 たも網で魚を後ろから追いかけるように掬うとたいてい逃げられるため、 たも網をゆっくりと水の中に入れ、魚が下に来ても気付かれていなかったら、 そのまま素早く網を底までかぶせて閉じ込めます。 そしてたも網の中の魚を軽くつかみながら引き上げると確実です。 水面近くを泳ぐミナミメダカなどを捕る時は、魚の進んでいる方向に向けて素早く上からかぶせて捕ります。 底のハゼ類はたも網を魚よりも奥側に突き立て、地引網のように一気に引きずります。

●たも網(遠距離用)
 
柄が伸びるため川に落ちてしまった道具を拾うときなどに役立ちます。 魚は素早いので柄が長くても深く遠いところの魚が捕れるとは限りません。

●たも網(携帯用)
 
大きめのスポーツバッグに入れられるため公共交通機関での持ち運びが楽です。

●たも網(砂礫用)
 
柄が曲がらず頑丈なため底が粗い礫の場合に使います。二枚貝の採集にも適しています。

●エビたも網
 
テナガエビ類を捕るための網ですが、夜に寝ている魚を捕るのに効果的です。 大きな石の隙間など普通のたも網では入らないところでもこの網ならば捕れます。

●エビたも網(伸縮)
 
 
 
伸縮するエビたも網は、上州屋さんの「カニとりくん180」と、 ナカジマさんの「のび〜るエビ網170」を愛用しています。 両者を比較すると「カニとりくん180」は、店頭価格は1680円(但し廃番)、柄がよく曲がる、短く仕舞える、柄と網の接合部が確りしている。 「のび〜るエビ網170」は、店頭価格は1512円(但しネットは1890円)、柄がやや硬い、網がやや大きい、網が外せるなどの違いがあります。 基本的には両者の使い方は同じで、魚の寝ている日没4時間後〜日出2時間前くらいに、懐中電灯を使って捕ります。 懐中電灯で寝ている魚を見つけ、 ゆっくりとまるで水中に落ちた葉っぱが、底に沈むような遅いスピードで近づけ、 網の針金と底や障害物がぴったり着く被せます。 この時点でたいていの魚は異変に気づいて逃げようとしますが、 まだ寝ていて逃げないときは網を少し揺らしたりして起こします。 そうすると網の奥へ魚が入ります。 ここで手首をひねって、網の口を水面側に向け、素早く真上に引き上げると、捕獲できます。 魚を捕った後も場を荒らさないため、他の魚はまだ寝ています。これでまた次の魚を捕ることができます。 自分が捕りたい魚だけを選んで捕れるため、むやみに魚を傷つけたり生息地を荒らさずに済みます。 欠点として、この網は掬うのではなく、被せて使うため、水面近くを泳ぐ魚が捕れないことです。 そのため私はこの網と普通のたも網の両方を持って魚捕りしています。 慣れてくると昼間でもこの網で魚が捕れるようになります。 小さな魚しか捕れないように見えますが、全長23cmのフナ類もこの網で捕っています。

●四つ手網
 
幅の狭い水路などでは底に沈め、離れた場所から棒などで追い込んで引き上げるのが効果的です。 練り餌などを網の中心部に入れて置き、しばらく経ってから引き上げると餌に集まった魚を捕ることもできます。 写真左の四つ手網は棒の部分をエンビパイプに改良したものです。 棒の真中を外せるようにしてあり、畳むと通常の半分の長さになります。 また狭い水路でも広がり方を容易に調節できるようにしてあります。

●叉手網
 
枝やゴミがたまっているところを下から一気に掬う時に使います。四つ手網の代用にもなります。

●投網
 
短時間で魚相を調べるために使います。長く使って網が痛むと魚を傷つけてしまうことが多くなります。

●もんどり
 
 
セルビンやびんづけと呼ばれるもので、練り餌などを入れて川に沈めておき、 30分後くらいに引き上げると魚が入るという仕掛けです。 しかし漁業調整規則により多くの都道府県で使用が禁止され、その場合はペットボトルもんどりも禁止になります。

●網もんどり
 
 
もんどりと同じように使います。釣具屋でお魚キラーという商品名でよく売られていますが、 漁業調整規則により多くの都道府県で使用が禁止されています。