捕った魚を食べる(2)





スナヤツメ(北方種 or 南方種)
★★★★☆ 唐揚げ
★★★☆☆ 味噌汁
☆☆☆☆☆ バター焼き
☆☆☆☆☆ 塩焼き
ニホンウナギ
★★★★★ 甘露煮
★★★★☆ 赤味噌焼き
★★★★☆ 鰻のたれ煮
★★★★☆ 佃煮
★★★★☆ 紅生姜煮丼
★★★★☆ 竜田揚げ
★★★★☆ ニラ炒め
★★★★☆ バター焼き
★★★★☆ 塩焼き
★★★★☆ 天ぷら
★★★☆☆ 焼肉のたれ丼
★★★☆☆ 唐揚げ
★★☆☆☆ コーンポタージュ
★★☆☆☆ 吸い物
★☆☆☆☆ 豆板醤炒め
オオウナギ
★★★★☆ 蒲焼
コイ導入型
★★★☆☆ 揚げせんべい
★★☆☆☆ 握り寿司
コイ在来型
★★★★☆ 紅生姜煮
ゲンゴロウブナ
★★★★☆ 唐揚げ
フナ類(オオキンブナ?)
★★★★☆ 竜田揚げ
★★★☆☆ 素揚げ
★★☆☆☆ キムチ炒め
フナ類(ニゴロブナ?)
★★☆☆☆ バター焼き
フナ類(キンブナ?)
★☆☆☆☆ 鰻のたれ煮
フナ類(ギンブナ?)
★★★★☆ たたき
★★★★☆ 時雨煮
★★★★☆ 味噌汁
★★★★☆ 天ぷら
★★★☆☆ そぼろ
★★☆☆☆ しゃぶしゃぶ
★★☆☆☆ 鰻のたれ煮
★★☆☆☆ 握り寿司
★☆☆☆☆ 甘露煮
ヤリタナゴ
★★★★☆ 天ぷら
★★★★☆ 唐揚げ
★☆☆☆☆ 時雨煮
アブラボテ
★★★★☆ 天ぷら
★★☆☆☆ 甘露煮
タイリクバラタナゴ
★★☆☆☆ 唐揚げ
★☆☆☆☆ 時雨煮
★☆☆☆☆ 塩焼き
カネヒラ
★☆☆☆☆ 塩焼き
イチモンジタナゴ
★☆☆☆☆ 唐揚げ
シロヒレタビラ
☆☆☆☆☆ 塩焼き
☆☆☆☆☆ 時雨煮
キタノアカヒレタビラ
★★☆☆☆ 唐揚げ
★★☆☆☆ 塩焼き
★☆☆☆☆ マヨネーズ焼き
ヌマムツ
★★★☆☆ 唐揚げ
★★☆☆☆ 刺身
カワムツ
★★★☆☆ 天ぷら
★★★☆☆ 唐揚げ
★☆☆☆☆ 刺身
★☆☆☆☆ 鰻のたれ煮
オイカワ
★★★☆☆ 紅生姜煮
★☆☆☆☆ 刺身
★☆☆☆☆ 時雨煮
ハス
★★★☆☆ マヨネーズ焼き
★★★☆☆ 天ぷら
★★★☆☆ バター焼き
★★★☆☆ 唐揚げ
★☆☆☆☆ 塩焼き
カワバタモロコ
★★★★☆ 時雨煮
☆☆☆☆☆ 天ぷら
☆☆☆☆☆ 唐揚げ
☆☆☆☆☆ 塩焼き
ホンモロコ
★★★★☆ 煮干し
★★★★☆ 塩焼き
★★★★☆ 煮干し焼き醤油マヨ
★★★★☆ 天ぷらサンド
★★★★☆ 焼き干し
★★★★☆ 醤油干し
★★★★☆ 麺汁干し
★★★★☆ 鰻のたれ焼き
★★★★☆ 天ぷら
★★★★☆ 唐揚げ
★★★★☆ 紅生姜煮
★★★★☆ 佃煮
★★★★☆ 甘露煮
★★★☆☆ 煮干し紅生姜煮
★★★☆☆ ふりかけ
★★★☆☆ アヒージョ
★★★☆☆ マヨネーズ焼き
★★★☆☆ 赤味噌焼き
★★★☆☆ 焼肉のたれ煮
★★★☆☆ 塩焼きサンド
★★★☆☆ 鰻のたれ煮
★★★☆☆ 刺身
★★★☆☆ せんべい
★★★☆☆ バター焼き
★★★☆☆ 味噌汁
★★☆☆☆ お好み焼き
★☆☆☆☆ トマトケチャップ焼き
*ホンモロコ類
★★☆☆☆ 煮干し
★☆☆☆☆ 味噌汁
☆☆☆☆☆ つみれ汁
タモロコ
★★★★☆ 唐揚げ
★★★☆☆ 天ぷら
★★★☆☆ 塩焼き
★★☆☆☆ 時雨煮
★★☆☆☆ 刺身
スワモロコ
★☆☆☆☆ 塩焼き
*スワモロコ類
★★★☆☆ 竜田揚げ
★★★☆☆ バター焼き
★☆☆☆☆ 佃煮
ムギツク
★★★☆☆ 唐揚げ
モツゴ
★★★☆☆ 塩焼き
★★☆☆☆ 時雨煮
ウシモツゴ
★★★☆☆ 塩焼き
ヒガイ(カワヒガイ型)
★★★★☆ 塩焼き
ヒガイ(ビワヒガイ型)
★★★★☆ 刺身
★★★☆☆ バター焼き
★★★☆☆ マヨネーズ焼き
★★★☆☆ 佃煮
★★☆☆☆ 紅生姜煮
★★☆☆☆ 天ぷら
★☆☆☆☆ 塩焼き
★☆☆☆☆ 唐揚げ
★☆☆☆☆ 甘露煮
☆☆☆☆☆ 鰻のたれ煮
ヒガイ伊勢湾周辺種
★★★☆☆ 佃煮
★★☆☆☆ 塩焼き
カマツカ(グループ1)
★★★★☆ 塩焼き
★★★★☆ 天ぷら
★★★★☆ バター焼き
★☆☆☆☆ 唐揚げ
カマツカ(グループ2)
★☆☆☆☆ 塩焼き
カマツカ(グループ3)
★★☆☆☆ 塩焼き
★☆☆☆☆ 鰻のたれ煮
*カマツカ(グループ1×グループ3)
☆☆☆☆☆ 鰻のたれ煮
ツチフキ
★★★★☆ 塩焼き
★★☆☆☆ バター焼き
☆☆☆☆☆ 塩焼き
ゼゼラ
★★★★☆ 天ぷら
★★★★☆ 佃煮
★★☆☆☆ マヨネーズ焼き
ゼゼラ河川集団
★★★★☆ 天ぷら
★★★★☆ 時雨煮
★★★☆☆ 佃煮
★★☆☆☆ 唐揚げ
★☆☆☆☆ バター焼き
ヨドゼゼラ
★★☆☆☆ 塩焼き
★★☆☆☆ 唐揚げ
★☆☆☆☆ 時雨煮
イトモロコ
★★★★★ 唐揚げ
★★★☆☆ 時雨煮
スゴモロコ
★★★★☆ 天ぷら
★★★★☆ 刺身
★★★☆☆ せんべい
★★★☆☆ 塩焼き
★★☆☆☆ 辛し酢味噌焼き
★★☆☆☆ バター焼き
★★☆☆☆ 素揚げ
★★☆☆☆ 唐揚げ
★★☆☆☆ 甘露煮
★★☆☆☆ 煮干し
★☆☆☆☆ 時雨煮
★☆☆☆☆ 鰻のたれ焼き
★☆☆☆☆ 佃煮
★☆☆☆☆ 焼き干し
デメモロコ琵琶湖型
★★★★☆ 竜田揚げ
★★★★☆ 天ぷら
★★☆☆☆ バター焼き
★★☆☆☆ マヨネーズ焼き
★★☆☆☆ 甘露煮
★★☆☆☆ 鰻のたれ煮
★☆☆☆☆ 塩焼き
デメモロコ濃尾型
★★★★☆ 唐揚げ
★☆☆☆☆ 塩焼き
ズナガニゴイ
★★★★☆ 塩焼き
ニゴイ類
★★★★☆ おにぎり
★★★★☆ 唐揚げ
★★★☆☆ 鰻のたれ焼き
★☆☆☆☆ 塩焼き
☆☆☆☆☆ 味噌汁
ウグイ
★★☆☆☆ 鰻のたれ煮
ジュウサンウグイ
★★★★☆ そぼろ丼
★★☆☆☆ バター焼き
★★☆☆☆ 竜田揚げ
★★☆☆☆ 紅生姜煮
アブラハヤ
★★★☆☆ 唐揚げあんかけ
★★★☆☆ 塩焼き
★★★☆☆ 天ぷら
タカハヤ
★☆☆☆☆ 赤味噌焼き
★☆☆☆☆ 唐揚げ
ドジョウ
★★★☆☆ 赤味噌焼き
★☆☆☆☆ コーンポタージュ
☆☆☆☆☆ 時雨煮
キタドジョウ
★★★☆☆ 唐揚げ
カラドジョウ
★★★★☆ 焼肉のたれ焼き
★☆☆☆☆ 塩焼き
オオシマドジョウ
★★★☆☆ 塩焼き
ニシシマドジョウ
★★★☆☆ 佃煮
★★★☆☆ 時雨煮
★★★☆☆ 塩焼き
★★★☆☆ 唐揚げ
ヒガシシマドジョウ
★★★★☆ 竜田揚げ
★★★☆☆ 塩焼き
★★★☆☆ バター焼き
★☆☆☆☆ 佃煮
★☆☆☆☆ 鰻のたれ煮
☆☆☆☆☆ 吸い物
サンヨウコガタスジシマドジョウ
★★☆☆☆ マヨネーズ焼き
トウカイコガタスジシマドジョウ
★★★☆☆ 唐揚げ
★★★☆☆ しじみスープ
★★☆☆☆ 塩焼き
☆☆☆☆☆ 時雨煮
ビワコガタスジシマドジョウ
★★★★☆ 唐揚げ
チュウガタスジシマドジョウ
★★★★☆ 塩焼き
★★★★☆ 紅生姜煮
オオガタスジシマドジョウ
★★☆☆☆ 唐揚げ
タンゴスジシマドジョウ
★★★☆☆ マヨネーズ焼き
アジメドジョウ
★★★☆☆ 吸い物
フクドジョウ
★★★★☆ 塩焼き
★★★☆☆ 唐揚げ
ヒメドジョウ
★★★★☆ 竜田揚げ
★★★☆☆ 塩焼き
★★☆☆☆ 佃煮
ホトケドジョウ
★★☆☆☆ 唐揚げ
ナガレホトケドジョウ
★★☆☆☆ マヨネーズ焼き
トウカイナガレホトケドジョウ
★★☆☆☆ 唐揚げ
ギギ
★★★★☆ 時雨煮
★★★☆☆ 味噌汁
ギバチ
★★★★☆ 唐揚げ
ナマズ
★★★★☆ 鰻のたれ煮
★★★☆☆ 骨せんべい
★★★☆☆ 竜田揚げ
タニガワナマズ(仮称)
★★★★☆ 鰻のたれ煮
イワトコナマズ
★★★★★ 鰻のたれ煮
★★★★☆ 蒲焼
★★★★☆ 竜田揚げ
★★★★☆ 時雨煮
★★★★☆ 味噌煮
★★★★☆ 赤味噌焼き
★★★★☆ ピリ辛スープ
★★★★☆ バター焼き
★★★★☆ 紅生姜煮
★★★★☆ 甘露煮
★★★★☆ 佃煮
★★★★☆ 酒粕煮
★★★★☆ しゃぶしゃぶ
★★★★☆ 揚げ焼き
★★★★☆ 骨せんべい
★★★☆☆ 揚げ煮
★★★☆☆ ラーメンスープ
★★★☆☆ 薩摩揚げ
★★☆☆☆ 塩焼き
★★☆☆☆ 洗い
★★☆☆☆ マヨネーズ焼き
☆☆☆☆☆ 吸い物
☆☆☆☆☆ 握り寿司
ビワコオオナマズ
★★★★☆ 吸い物
★★★★☆ 骨酒
★★★★☆ 鰻のたれ煮丼
★★★★☆ 蒲焼
★★★★☆ バター焼き
★★★★☆ 佃煮
★★★☆☆ たこ焼き
★★☆☆☆ 唐揚げ
★★☆☆☆ 濃漿
★☆☆☆☆ 塩焼き
☆☆☆☆☆ ハンバーガー
アカザ(クレード1)
★☆☆☆☆ 吸い物
アカザ(クレード2)
★★★☆☆ 唐揚げ
オトシンクルス・ヴェスティトゥス
★★★☆☆ 唐揚げ
ワカサギ
★★★★☆ マヨネーズ焼き
アユ
★★★☆☆ マヨネーズ焼き
シラウオ
★★★☆☆ とんこつスープ
ニジマス
★★★★★ バター焼き
★★★★☆ 紅生姜煮
★★★★☆ 竜田揚げ
★★★★☆ 味噌汁
★★☆☆☆ 玉せん
タウナギ
★★★★☆ 佃煮
ハリヨ
★★★★★ 唐揚げ
★★★★☆ 時雨煮
★★★★☆ 鰻のたれ煮
★★★★☆ せんべい
★★★★☆ マヨネーズ焼き
★★★☆☆ 塩焼き
★★★☆☆ バター焼き
★☆☆☆☆ めかぶスープ
トミヨ(淡水集団)
★★★★☆ 竜田揚げ
★★★☆☆ バター焼き
★★☆☆☆ 塩焼き
★☆☆☆☆ 鰻のたれ煮
★☆☆☆☆ 焼肉のたれ焼き
テングヨウジ
★★★★☆ 竜田揚げ
カダヤシ
☆☆☆☆☆ 唐揚げ
キタノメダカ
★☆☆☆☆ 唐揚げ
ミナミメダカ
★☆☆☆☆ 天ぷら
★☆☆☆☆ 唐揚げ
クルメサヨリ
★★★☆☆ 塩焼き
マゴチ
★★★★☆ 紅生姜煮
★★★☆☆ 塩焼き
オヤニラミ
★☆☆☆☆ バター焼き
スズキ
★★★★★ 佃煮
★★☆☆☆ 鰻のたれ煮
フロリダバス or
オオクチバス×フロリダバス

★★★☆☆ 紅生姜煮
ブルーギル
★★★★☆ バター焼き
ゴマフエダイ
★★★★☆ 塩焼き
★★☆☆☆ バター焼き
★★☆☆☆ 竜田揚げ
クロホシフエダイ
★★☆☆☆ 塩焼き
★★☆☆☆ バター焼き
ナイルティラピア
☆☆☆☆☆ 時雨煮
ジルティラピア
★★★★☆ 唐揚げ
カマキリ
★★★★☆ 唐揚げ
★★★★☆ 鰻のたれ煮
★★★☆☆ 塩焼き
★★☆☆☆ 吸い物
カンキョウカジカ
★★★☆☆ 竜田揚げ
カジカ
★★★★☆ 唐揚げ
★☆☆☆☆ 鰻のたれ煮
カジカ中卵型
★★★★☆ 骨酒
★★★☆☆ 竜田揚げ
ウツセミカジカ
★★★★☆ 素揚げ
★★★★☆ 唐揚げ
★★★★☆ 天ぷら
★★★★☆ 骨酒
★★★☆☆ 甘露煮
ダイナンギンポ
★★★☆☆ 蒲焼
ギンポ
★★★★☆ 唐揚げ
イダテンギンポ
★★★★☆ 唐揚げ
ドンコ
★★★★★ 素揚げ
★★★★☆ 味噌汁
★★★★☆ 塩焼き
カワアナゴ
★★★☆☆ 味噌汁
★★☆☆☆ たたき
チチブモドキ
★★★★☆ 天ぷら
★★☆☆☆ 鰻のたれ煮1
★★☆☆☆ 鰻のたれ煮2
テンジクカワアナゴ
★★★☆☆ 天丼
タネハゼ
★☆☆☆☆ 塩焼き
★☆☆☆☆ 唐揚げ
ウロハゼ
★★★★☆ 素揚げ
★★★★☆ 佃煮
★★★☆☆ 鰻のたれ煮
ヒトミハゼ
★★☆☆☆ 竜田揚げ
ヒメハゼ
★★★★☆ 塩焼き
★★★☆☆ 鰻のたれ煮
シロウオ
★★★★☆ 佃煮
★★★★☆ 味噌汁
★☆☆☆☆ コーンポタージュ
ミミズハゼ
★★★★☆ 唐揚げ
ミナミヒメミミズハゼ
★★☆☆☆ 唐揚げ
★★☆☆☆ 鰻のたれ煮
マツゲハゼ
★★★★☆ 唐揚げ
カマヒレマツゲハゼ
★★★☆☆ 唐揚げ
ミナミサルハゼ
★★★☆☆ 唐揚げ
ジュズカケハゼ(シンジコハゼ含む)
★★★☆☆ 竜田揚げ
★★☆☆☆ 塩焼き
ムサシノジュズカケハゼ
★★☆☆☆ 塩焼き
ホクリクジュズカケハゼ
★★★☆☆ 唐揚げ
ビリンゴ
★★★☆☆ 鰻のたれ煮
イサザ
★★★★☆ 紅生姜煮
★★★★☆ 佃煮
★★★★☆ 味噌田楽
★★★☆☆ 天ぷら
★★★☆☆ 甘味噌煮
★★★☆☆ 味噌煮
★★★☆☆ マヨネーズ焼き
★★★☆☆ わかめスープ
★★★☆☆ 塩焼き
★★★☆☆ 鰻のたれ煮
★★★☆☆ バター焼き
★★☆☆☆ 焼肉のたれ焼き
ウキゴリ
★★★★☆ 塩焼き
★★★☆☆ 素揚げ
★☆☆☆☆ バター焼き
☆☆☆☆☆ 佃煮
シマウキゴリ
★★★☆☆ 竜田揚げ
★★☆☆☆ 塩焼き
★★☆☆☆ バター焼き
★☆☆☆☆ 鰻のたれ煮
スミウキゴリ
★★★☆☆ 唐揚げ
★★★☆☆ 塩焼き
☆☆☆☆☆ 佃煮
エドハゼ
★☆☆☆☆ 唐揚げ
マハゼ
★★★★☆ せんべい
★★★★☆ 鰻のたれ煮
アシシロハゼ
★☆☆☆☆ 鰻のたれ煮
マサゴハゼ
★★☆☆☆ 竜田揚げ
ノボリハゼ
★★★☆☆ 唐揚げ
ゴクラクハゼ
★★★☆☆ マヨネーズ焼き
★★★☆☆ 天ぷら
シマヨシノボリ(九州以北集団)
★★★☆☆ 塩焼き
★☆☆☆☆ 赤味噌焼き
オオヨシノボリ
★☆☆☆☆ 塩焼き
★☆☆☆☆ 鰻のたれ煮
クロヨシノボリ(屋久島以北集団)
★☆☆☆☆ 塩焼き
ルリヨシノボリ
★★★☆☆ 唐揚げ
★★☆☆☆ 鰻のたれ煮
★☆☆☆☆ 塩焼き
カワヨシノボリ
★★★★☆ バター焼き
★★★★☆ 紅生姜煮
★★★★☆ 竜田揚げ
★★★☆☆ マヨネーズ焼き
★★★☆☆ 鰻のたれ煮
★★★☆☆ 塩焼き
★★☆☆☆ 唐揚げ
★★☆☆☆ 味噌煮
★☆☆☆☆ わかめスープ
ウシヨシノボリ
★★★★☆ 時雨煮
ビワヨシノボリ
★★★☆☆ マヨネーズ焼き
★★☆☆☆ 焼肉のたれ煮
★☆☆☆☆ 唐揚げ
クロダハゼ類(オウミヨシノボリ型?)
★★★★☆ 塩焼き
★★★☆☆ 竜田揚げ
★★☆☆☆ 素揚げ
★☆☆☆☆ 時雨煮
★☆☆☆☆ バター焼き
★☆☆☆☆ 鰻のたれ煮
☆☆☆☆☆ 焼肉のたれ焼き
クロダハゼ類(シマヒレヨシノボリ型?)
★★☆☆☆ 唐揚げ
★☆☆☆☆ 紅生姜煮
*ウシヨシノボリ×クロダハゼ類(シマヒレヨシノボリ型?)
★★★★☆ 紅生姜煮
チチブ
★★★★☆ 甘味噌焼き
★★☆☆☆ 鰻のたれ煮
★★☆☆☆ 唐揚げ
★★☆☆☆ 塩焼き
ヌマチチブ
★★☆☆☆ 唐揚げ
★★☆☆☆ 塩焼き
シモフリシマハゼ
★★☆☆☆ 唐揚げ
ショウキハゼ
★★★☆☆ 唐揚げ
ボウズハゼ
★★☆☆☆ 唐揚げ
★★☆☆☆ 蒲焼
★★☆☆☆ 鰻のたれ煮
ヒゲワラスボ属の一種
★★★★☆ 唐揚げ
チワラスボC種
★★★★☆ 味噌汁
★★★☆☆ 竜田揚げ
★★★☆☆ 唐揚げ
★★☆☆☆ 鰻のたれ煮
クロホシマンジュウダイ
★★☆☆☆ 味噌煮
カムルチー
★★★☆☆ 味噌汁
テンジクガレイ
★★☆☆☆ 竜田揚げ
イシガレイ
★★★★☆ 紅生姜煮
食べた魚152(+4)種類

スナヤツメ(北方種 or 南方種)

−唐揚げ−
★★★★☆


 
スナヤツメ(北方種 or 南方種)岐阜県産。幼生。採集翌日に調理。
材料片栗粉、塩、コショウ、サラダ油
(1) 魚を布巾で挟んで冷凍庫に10分ほど入れた。
(2) 冷凍庫から取り出した魚に塩とコショウをふりかけて薄力粉に軽くつけた。
(3) 170度前後のサラダ油でやや長めに揚げた。

魚に濃い旨みがあり食感も良く美味しい。 (2005.12.12)


−味噌汁−
★★★☆☆


 
スナヤツメ(北方種 or 南方種)三重県産。採集当日に調理。
材料即席味噌汁
(1) 鍋に水を入れて沸騰させ魚と即席味噌汁を入れて2分ほど煮込んだ。

食感はゼラチンのようで独特の臭みはあるが、それが不味いではなく珍味の部類に入る。 骨は全く気にならない。味噌汁に味はほとんど出ていなかった。 (2007.1.14)


−バター焼き−
☆☆☆☆☆


 
スナヤツメ(北方種 or 南方種)長野県産。採集3日後日に調理。
材料バター
(1) 調理前々日に冷凍庫へ入れて凍らせた。
(2) 冷凍庫から取り出して、フライパンにバターを多めにひいて、中火で焼いた。

ゴムのような食感で、腸は非常に気持ち悪く、飲み込むことができなかった。 (2013.11.13)


−塩焼き−
☆☆☆☆☆


 
スナヤツメ(北方種 or 南方種)岐阜県産。成体。採集翌日に調理。
材料
(1) 魚を布巾で挟んで冷凍庫に5分ほど入れた。
(2) 冷凍庫から取り出して串を口から刺して塩をかけた。
(3) 金網の上に乗せて中火で15分ほど焼いた。

食感がぐにゃっとして気持ち悪く、アンモニアのような独特な臭いがある。 卵を持っていたが不味くて食べられなかった。 (2005.12.12)


ニホンウナギ

−甘露煮−
★★★★★


                 
ニホンウナギ三重県産。採集47日後に調理。
材料みりん、酒、砂糖、しょうゆ、たまりじょうゆ、水飴
(1) 調理9日前に背開きにして冷凍庫へ入れて凍らせた。
(2) オーブントースターのトレイに、魚焼きホイルを敷き、凍ったままの魚を乗せた。
(3) 1300Wにしてスイッチを入れ、何度か引っ繰り返して、30分ほど焼いた。
(4) 魚をまな板に乗せて、食べやすいよう、適当な大きさに切った。
(5) 鍋に魚、みりん2、酒2、砂糖2、しょうゆ1、たまりじょうゆ1程度の割合で入れた。
(6) 中火で2分ほど煮立たせ、弱火で15分ほど煮詰めた。
(7) たれ10に対して水飴1程度を入れて、とろ火で3分ほど煮た。
(8) 鍋ごと氷水で冷まし、小鉢に魚だけ取り出した。

皮の弾力と身の歯応えが絶妙。骨は気にならず、臭みはなく、鰻らしい味も濃い。 脂の乗った個体は、素材の旨みで美味しいが、脂の乗っていない個体も、 水分が抜けた部分に、たれの味が確り染み込み、美味しくなっていた。 甘辛さでご飯によく合いそう。残ったたれも鰻の味がして美味しかった。 料理法は佃煮、鰻のたれ煮、紅生姜煮丼に似るが、確り焼くという違いで、食感が異なって別物だった。 (2016.10.28)


−赤味噌焼き−
★★★★☆


   
ニホンウナギ三重県産(35cm以上)。採集翌日に調理。
材料鰹節、砂糖、赤味噌、酒、サラダ油
(1) 調理前日に冷蔵庫に入れておいた。
(2) 冷蔵庫から取り出して魚を背開きにし、串に刺して強火で5分ほど焼いた。
(3) 鍋に水と鰹節を入れて沸騰させ出し汁を作った。
(4) 皿に出し汁4、赤味噌4、砂糖1、酒1程度の割合で入れて混ぜ甘味噌を作った。
(5) フライパンにサラダ油をひいて魚そして甘味噌の順に入れて中火で焼いた。

甘味噌をやや入れ過ぎたため味が濃くなったが、 ご飯の上に乗せて丼として食べたところ相性は抜群でした。 臭みはなく美味いですが蒲焼と比べると負けるため星4つとしました。 (2005.07.09)


−鰻のたれ煮−
★★★★☆


 
ニホンウナギ三重県産。採集当日に調理。
材料鰻のたれ
(1) 腸を取り除いて肝を取り出し、全体を半分に切った。
(2) 鍋に適当な大きさに切った身と、うなぎの鰻のたれを浸す程度に入れた。
(3) 弱火で20分ほど煮込んで、魚だけを取り出した。

頭と中骨は食べられないが、その付近の身はとても美味しかった。 魚の旨みをたっぷり感じられた。これまで何度もニホンウナギを佃煮にしたが、それよりも濃厚な味だった。 蒲焼に向かない小さなニホンウナギには良い料理方法だが、 見た目の抵抗と、しゃぶって食べる行儀の悪さが、評価を低くする。 (2009.06.07)


−佃煮−
★★★★☆


     
ニホンウナギ三重県産。採集翌日に調理。
材料塩、砂糖、しょうゆ、みりん、酒
(1) 調理前日に冷凍庫に入れて凍らせた。
(2) 冷凍庫から取り出して魚を背開きにした。
(3) 鍋に塩1、砂糖2、しょうゆ2、みりん2、酒2程度の割合で入れた。
(4) 沸騰させた後に魚を入れて弱火で50分ほど煮詰めた。
(5) 鍋から魚だけを取り出して、粗熱を取って冷蔵庫を入れた。

小骨などは気にならず、僅かに臭みはあるが、気になるほどではない。 脂の乗った個体は非常に美味しく、脂の乗っていない個体は硬くて旨みが少ない。 どちらも味が確り染み込み、やや塩辛いため、飯にはよく合う。 (2011.05.08)


−紅生姜煮丼−
★★★★☆


       
ニホンウナギ三重県産。採集9日後に調理。
材料紅生姜、砂糖、水飴、しょうゆ、たまりじょうゆ、みりん、酒、飯
(1) 調理9日前に背開きにして冷凍庫へ入れて凍らせた。
(2) 鍋に魚、酒3、みりん2、砂糖2、水飴1、紅生姜1程度の割合で入れ、中火で5分ほど煮た。
(3) しょうゆ2、たまりじょうゆ1程度の割合で入れ、弱火で20分ほど煮詰めた。
(4) 鍋の粗熱を取って、丼に魚とたれを入れ、ラップをして、30分ほど冷凍庫で冷ました。
(5) 茶碗に飯をよそい、たれを掛けて、魚と紅生姜を乗せた。

骨は気にならず、臭みはない。身は軟らかくて旨みもある。 紅生姜の辛みは飯が良く合うが、味が強いため鰻の味を消し、 やや癖が強いため、紅生姜を入れない佃煮の方が合う。 (2015.08.17)


−竜田揚げ−
★★★★☆


   
       
ニホンウナギ滋賀県産。採集6日後に調理。
材料片栗粉、生姜、酒、しょうゆ、コショウ、サラダ油
(1) 調理6日前に、魚を背開きにしてから、冷凍庫へ入れて凍らせた。
(2) 冷凍庫から取り出し、粘液を洗い落として、適当な大きさに切った。
(3) ジッパー袋に、魚、すりおろした生姜、酒、しょうゆ、コショウを入れて、30分ほど漬け込んだ。
(4) 水気をよく切って片栗粉に付けた。
(5) 160度前後のサラダ油で11分ほど揚げた。

外側はパリパリで中は水分と脂で食感が良い。 身は旨みもあるが薄く、しょうゆ味が際立っていた。小骨はあるが軟らかくて噛み砕ける。 皮付近は僅かに臭みはあるが、気になるほどではない。この臭みが全く無ければ星5つだった。 (2014.08.15)


−ニラ炒め−
★★★★☆


   
     
ニホンウナギ滋賀県産。採集19日後に調理。
材料しょうゆ、(ウスター)ソース、ごま油、片栗粉、酢、砂糖、
酒、コショウ、生姜、にんにく、サラダ油、モヤシ、ニラ
(1) 調理19日前に冷凍庫へ入れて凍らせた。
(2) 3日後に冷凍庫から取り出し、魚を背開きにしてから、再び冷凍庫へ入れた。
(3) 16日後に冷凍庫から取り出し、フィッシュロースターで15分ほど焼いた。
(4) アルミホイルを敷いて15分ほど焼いた。
(5) 頭に近いほう側の身を、まな板に置いて、包丁で細かく切った。
(6) フライパンにサラダ油を引き、摩り下ろした生姜とにんにくを入れた。
(7) 5cmほどに切ったニラとモヤシを入れて、強火で1分ほど炒めた。
(8) 適量のソース、しょうゆ、ごま油、片栗粉、酢、砂糖、酒、コショウを器に入れた。
(9) 魚と器の調味料を入れて、強火で1分ほど炒めた。

モヤシとニラは食感がよくて美味しいが、魚の味はほとんど影響していなかった。 魚は臭みはなく、骨も気にならず、パリパリ食感も保たれているが、レバニラ炒めのレバーのような、食べ応えがない。 調味料の味に魚の味が負け、不味くはないが残念な気持ちになった。 全体的に美味しいが、蒲焼にすればより美味しいニホンウナギを、あえてニラ炒めにする必要はないと感じた。 (2013.09.19)


−バター焼き−
★★★★☆


   
ニホンウナギ滋賀県産。採集13日後に調理。
材料
(1) 魚を背開きにしてから、冷凍庫へ入れた。
(2) 冷凍庫から13日後に取り出し、フライパンにバターをひいて、中火で7分ほど焼いた。

臭みは無く小骨は気にならない。 脂の乗りが悪い小さな個体に、バターの油が添加されて、美味しくなっていた。 外側はサクッとし、身はふわっとした食感が良い。 ただ、魚自体の味は薄く、ニホンウナギを食べているという実感が無い。 他の魚でも似ような味になると思われる。 (2014.09.13)


−塩焼き−
★★★★☆


   
ニホンウナギ三重県産。採集4日後に調理。
材料
(1) 調理4日前に冷凍庫へ入れて凍らせた。
(2) 冷凍庫から取り出し、頭と腸を取り除いた。
(3) 金串を刺して塩をかけた。
(4) フィッシュロースターで20分ほど焼いた。

小さな個体なため、中骨はよく噛むと、噛み砕けて食べられた。 気になるようであれば、口で身だけを食べることも可能なように思われた。 脂がほとんどない個体であったため、身の薄い部分はパリパリ、厚い部分はパサパサで、 サケ(ギンザケではない)の塩焼きに近い味だった。臭みは僅かにあるが気になるほどではない。 同じ焼き料理の蒲焼とはかなり味が異なる。 (2013.05.01)


−天ぷら−
★★★★☆


   
ニホンウナギ三重県産(30cm以上)。採集翌日に調理。
材料薄力粉、卵、冷水、塩、サラダ油、出し汁、しょうゆ、大根、生姜
(1) 調理前日に冷蔵庫に入れておいた。
(2) 冷蔵庫から取り出して魚を背開きにした。
(3) 薄力粉、卵、冷水、塩を入れたボウルに魚を軽く浸けた。
(4) 魚を170度前後のサラダ油に入れて上からボウルに入った衣を落として揚げた。
(5) 出し汁、しょうゆ、大根おろし、おろし生姜を皿に入れ、それに魚をつけて食べた。

やや臭みも残るが味はよく、食感はサクッとして美味しく頂けた。 (2004.10.25)


−焼肉のたれ丼−
★★★☆☆


         
ニホンウナギ三重県産。採集翌々日に調理。
材料飯、焼肉のたれ
(1) 調理前々日に冷蔵庫に入れておいた。
(2) 冷蔵庫から取り出して魚を背開きにした。
(3) フライパンにアルミホイルを敷き、魚を乗せて蓋をして、弱火で15分ほど焼いた。
(4) アルホイルを取り除いて、弱火で5分ほど焼いた。
(5) 焼肉のたれを入れて、弱火で3分ほど焼いた。
(6) 器に飯を入れて魚を乗せた。

不味くはないが、焼肉のたれの味が強過ぎて、魚の味を消している。 そのお陰なのか、ニンニクの風味で、臭みはほとんど無い。牛の焼肉丼を食べている感じだった。 (2012.05.08)


−唐揚げ−
★★★☆☆


 
ニホンウナギ三重県産。採集当日に調理。
材料片栗粉、塩、コショウ、サラダ油
(1) 魚をビニール袋に入れて冷凍庫に15分ほど入れた。
(2) 冷蔵庫から取り出して魚を背開きにした。
(3) 身と中骨に塩とコショウをふりかけて片栗粉に軽くつけた。
(4) 180度前後のサラダ油でやや長めに揚げた。

皮と身が離れて食感があまり良くなかった。僅かに生臭さがあって少し癖がある。 中骨はサクサクで非常に美味しかった。 (2005.05.07)


−コーンポタージュ−
★★☆☆☆


     
ニホンウナギ三重県産(30cm以上)。採集翌日に調理。
材料乾燥コーンポタージュの素
(1) 調理前日に冷蔵庫に入れておいた。
(2) 冷蔵庫から取り出して魚を背開きにした。
(3) フィッシュロースターで15分ほど焼いた。
(4) 鍋に水と乾燥コーンポタージュの素を入れて沸騰させた。
(5) 魚を入れて2分ほど煮込んだ。

ニホンウナギは確り焼いたので臭みや癖はないが、脂がほとんど乗っていない個体で味が薄かった。 コーンポタージュの甘味と、ニホンウナギの焦げた部分の苦味が、口の中で喧嘩して気になった。 (2008.10.05)


−吸い物−
★★☆☆☆


     
ニホンウナギ三重県産(30cm以上)。採集翌日に調理。
材料長ねぎ、鰹節、粗塩
(1) 調理前日に冷蔵庫に入れておいた。
(2) 冷蔵庫から取り出して頭と腸を取り除き強火で5分ほど焼きぶつ切りにした。
(3) 鍋に水と鰹節を入れて沸騰させ出し汁を作った。
(4) 鍋に出し汁、魚、粗塩を入れて強火で5分ほど煮た後に長ねぎを加えた。

汁はニホンウナギ独特の旨みが出ていて飲みやすい。 骨は硬くて食べられないが口の中で骨と身がうまく分けられるため食べやすい。 身と皮の味は良いがやや臭みもあり、特に腸に近い部分は臭かった。 (2005.07.11)


−豆板醤炒め−
★☆☆☆☆


   
ニホンウナギ三重県産(35cm以上)。採集翌日に調理。
材料豆板醤、鰹節、塩、コショウ、サラダ油
(1) 調理前日に冷蔵庫に入れておいた。
(2) 冷蔵庫から取り出して頭と腸を取り除きぶつ切りにした。
(3) 180度前後のサラダ油でやや長めに揚げた。
(4) 鍋に水と鰹節を入れて沸騰させ出し汁を作った。
(5) フライパンに出し汁、魚、塩、コショウを入れた。
(6) 出し汁が蒸発してなくなるまで強火で炒めた。

豆板醤により臭みは抑えられたがニホンウナギ本来の味もなくなったのが残念だった。 骨まで食べられるがやや気になるところもあった。 (2005.07.11)


オオウナギ

−蒲焼−
★★★★☆


   
オオウナギ和歌山県産。採集翌日に調理。
材料鰻のたれ
(1) 魚を背開きにして串を刺した。
(2) 中火で45分ほど焼きいてから鰻のたれを数回浸けて5分ほど焼いた。

全長54cmとオオウナギにしては小型であるためか、小骨はほとんど気にならなかった。 皮は焼き過ぎなところもあるが、ニホンウナギよりも少し硬いが味は良い。 身はバターのような濃厚な脂ぽさがあるのに、よく噛むとパサパサしているように感じる。 臭みは普通のニホンウナギの場合と変わらない。美味しいがくどいので、一度にたくさんは食べられないと思われた。 (2009.09.06)


コイ導入型

−揚げせんべい−
★★★☆☆


       
コイ導入型岐阜県産。採集翌々日に調理。
材料小麦粉、塩、コショウ、サラダ油
(1) 魚をビニール袋に入れて冷凍庫に15分ほど入れた。
(2) 冷凍庫から取り出して魚を三枚に下ろし、身だけをみじん切りにした。
(3) 魚と小麦粉を練って薄く丸くし、表面に小麦粉を軽くつけた。
(4) 180度前後のサラダ油でやや長めに揚げた。
(5) 魚に塩とコショウをふりかけた。

外はサクサクで中はもっちりしていて違和感がある。 臭みはないが旨みもなく、塩とコショウが際立っていた。 不味いわけではないが、あえてこの料理法にする必要はないと感じた。 (2009.02.03)


−握り寿司−
★★☆☆☆


 
コイ導入型岐阜県産。採集翌々日に調理。
材料飯、卸わさび、酢、しょうゆ
(1) 調理前々日に冷凍庫に入れて凍らせた。
(2) 冷凍庫から取り出して魚を三枚に下ろし魚を酢に1分ほど浸した。
(3) 飯に酢を軽くかけて一口大に握り、卸わさびを乗せ魚と一緒に握った。
(4) 軽くしょうゆを付けた。

僅かに臭みがあるが身は確りしていて食感はよい。味に少し癖がある。 (2006.12.18)


コイ在来型

−紅生姜煮−
★★★★☆


       
コイ在来型滋賀県産。採集6日後に調理。
材料紅生姜、砂糖、しょうゆ、たまりじょうゆ、みりん、酒
(1) 調理6日前に冷凍庫に入れて凍らせた。
(2) 冷凍庫から取り出し、鱗と腸と頭と尾鰭を取り除き、ぶつ切りにした。
(3) 鍋に魚と酒3、砂糖3、みりん2、紅生姜1、たまりじょうゆ1、しょうゆ1程度の割合で入れた。
(4) 弱火で65分ほど煮詰めた。
(5) 小鉢に魚を入れ、ラップをして、6時間ほど冷凍庫で寝かした。

ほのかに川魚臭さはあるが、気になるほどではない。 骨は硬くて容易には噛み砕けず、口内に刺さりそうで怖いが、その分だけ身と間違え難くて、取り除きやすい。 身は締まって食べ応えがあり、旨みも強くて美味しい。紅生姜の効いたたれともよく合う。 臭みと骨を除けば非常に良い料理だった。 (2015.08.08)


ゲンゴロウブナ

−唐揚げ−
★★★★☆


   
ゲンゴロウブナ三重県産。採集当日に調理。
材料片栗粉、塩、コショウ、しょうゆ、サラダ油
(1) 魚を布巾で挟んで冷凍庫に5分ほど入れた。
(2) 冷凍庫から取り出して鱗と腸を取り除いた。
(3) 頭を落として体に十文字の飾り包丁を入れた。
(4) しょうゆと塩とコショウをふりかけて片栗粉に軽くつけた。
(5) 170度前後のサラダ油で二度揚げした。

中骨は硬くて食べられず腹骨も少し噛み砕けない骨があった。 各鰭と皮はパリパリしていて美味しい。 身の味は良くて臭みなどはないが、二度揚げしたのに粘着質で食感が良くない。 全長(318mm)、体長(248mm)、体高(90mm)、背鰭分岐軟条(14)、鰓耙数(100)でゲンゴロウブナとしました。 (2006.10.26)


フナ類(オオキンブナ?)

−竜田揚げ−
★★★★☆


     
フナ類(オオキンブナ?)三重県産。採集翌日に調理。
材料竜田揚げ粉、サラダ油
(1) 魚をビニール袋に入れて冷凍庫に15分ほど入れた。
(2) 冷凍庫から取り出して頭と腸と鱗を取り除いた。
(3) 竜田揚げ粉をつけた。
(4) 160度前後のサラダ油で2分ほど揚げた。

骨は気にならず、外側はパリッと中は水分が残ってふわっとしていた。 臭みなどの癖は無く食べやすい。身には僅かに旨みが感じられるが、竜田揚げ粉の味の強さに負けていた。 (2014.02.21)


−素揚げ−
★★★☆☆


   
フナ類(オオキンブナ?)岐阜県産。採集翌日に調理。
材料塩、コショウ、サラダ油
(1) 魚をビニール袋に入れて冷凍庫に15分ほど入れた。
(2) 冷凍庫から取り出して頭と腸と鱗を取り除いた。
(3) 160度前後のサラダ油で1分ほど揚げた。
(4) 塩とコショウをふりかけた。

揚げる際に鍋に張り付いて、身が半分ほど千切れてしまった。 臭みは無く、魚の味もほとんどせず、サラダ油と塩コショウの味しかしない。骨は簡単に噛み砕けて、骨せんべいを食べているようだった。 (2014.02.21)


−キムチ炒め−
★★☆☆☆


 
フナ類(オオキンブナ?)岐阜県産。採集翌々日に調理。
材料キムチ、サラダ油
(1) 調理前々日に冷凍庫に入れて凍らせた。
(2) 冷凍庫から取り出して鱗と腸を取り除いた。
(3) フライパンにサラダ油を引いて魚を入れて2分ほど強火で焼いた。
(4) キムチを入れて魚と絡むように強火で2分ほど炒めた。

身は骨と綺麗に離れて食べやすいが、キムチの味が勝ってしまい魚の味が消えてしまった。 しかし魚の臭みは少し残ってキムチにも移っていた。 (2006.12.18)


フナ類(ニゴロブナ?)

−バター焼き−
★★☆☆☆


 
フナ類(ニゴロブナ?)滋賀県産。採集翌々日に調理。
材料片栗粉、バター、赤ワイン、塩、コショウ
(1) 調理前々日に冷凍庫に入れて凍らせた。
(2) 冷凍庫から取り出して魚を三枚(皮は残して片側は腹骨も残した)に下ろした。
(3) 魚に塩とコショウを軽くふりかけて薄力粉に軽くつけた。
(4) フライパンにバターを多めにひいて赤ワインを少し入れて中火で焼いた。

身はスズキのムニエルよりも旨みがあった。 臭みはバターと赤ワインによってほとんど消えたが、皮に弾力があって食感が悪かった。 腹骨は硬くて食べられなかった。 全長(161.0mm)、体長(118.6mm)、体高(43.5mm)、背鰭分岐軟条(16)、鰓耙数(44)でしたがフナ類(ニゴロブナ?)としました。 (2005.05.16)


フナ類(キンブナ?)

−鰻のたれ煮−
★☆☆☆☆


 
フナ類(キンブナ?)埼玉県産。採集翌々日に調理。
材料鰻のたれ
(1) 魚をビニール袋に入れて冷凍庫に30分ほど入れた。
(2) 冷凍庫から取り出して、鍋に鰻のたれを入れ、弱火で15分ほど煮込んで、魚だけを取り出した。

僅かな川魚臭が口の中に広がるが、食べられなくはない程度。 (2009.12.20)